エコレット

エコレット

固液分離便器

エネルギーを使わずに大便と小便を自動的に分離する便器です。
カートリッジ便槽で受けた大便をヘリ輸送する場合、輸送量を減らすことができます。
分離された小便と便器洗浄水は土壌処理をして再度洗浄水として循環利用することもできます。



エコレットの特長


1.エネルギーを使わずに大便と小便を分離します。
 大便もしくは女子小便の時は、便器横の踏み板に乗ることで排便口(便皿)が開きます。
 小便は前部の排水口に流れ、便槽にはほとんど落ちません。
 男子小便もしくは便器清掃時は、排便口(便皿)は閉まっている状態です。
 小便や便器洗浄水は便皿上に落ちるものも含めて、全く便槽に入りません。

2.カートリッジ便槽の輸送量が減らせます。
 
小便と便器洗浄水はほとんど便槽へ入らないので、便槽に入る量を減らせます。

3.分離した小便と便器洗浄水は土壌処理できます。
 
分離した小便と便器洗浄水はホースで外に導き、土壌処理槽できれいにできます。
 処理水を便器洗浄水として循環利用することも可能です。(土壌処理は別途、設計・施工・指導致します。)


4.電力が要りません。

 基本的に電力は不要です。土壌処理槽を併用すれば水のない場所でも簡易水洗便器として使えます。

エコレット説明図 エコレット裏面
エコレット説明図 床パネル裏面
カタログ(PDF・2.04MB、エコレットは8ページ右側です。

和式便器タイプのみとなります。
※設置例 涸沢公衆トイレ(PDFファイル・186KB)



トップ